学科紹介

 本校では多様化する生徒の希望に応えるため、 4つの学科が設置されています。

国際ビジネス科
 情報処理科 
総合ビジネス科
 情報会計科 

1年次

第1学年では、全員が商業の基礎科目である「ビジネス基礎」「簿記」「情報処理」の3科目を学習します。

◆ 簿記 
企業での取引を記録・計算・整理するための知識・技術を学び、その財政状態や経営成績を理解・分析する能力を養成する。「簿記会計がわからないと経営はできない」といわれるほど、企業経営においては有益な道具として広く活用されており、現代人として必要な計数感覚を身につける。

◆ 情報処理 
ビジネスに関する情報を収集・処理・分析し、表現する知識と技術を習得させ、情報の意義や役割について理解させるとともに、ビジネスの諸活動において情報を主体的に活用する能力と態度を育てる。

◆ ビジネス基礎
ビジネスに関する基礎的な知識と技術を習得させ、経済社会の一員としての望ましい心構えを身に付けさせるとともに、ビジネスの諸活動に適切に対応する能力と態度を育てる。経済に関するトピックス、具体的な企業名や商品名等の身近な話題を取り上げ、ビジネス社会で通用する分析力、コミュニケーション能力、判断力、問題解決能力などの能力を養う。

2年次

第2学年からは、自己の希望・適性・進路や学科の特性に応じて以下の4つの学科に分かれ、それぞれ次のような専門的な学習をします。

国際ビジネス科

急速に進展するグローバル経済に対応できる産業人の育成として、今後求められる国際感覚の基礎の確立を目指します。

< 進学コース > 
専門的知識の習得と共に、進学希望者の増加に対応し、語学(英語・国語)教育の充実を図ります。

< 国際コース >
経済構造の基礎的分野の理解と、経済社会における法の意義や役割について理解を深めます。経済事象を法律的に考え判断する能力と態度を育み、経済的感覚の優れた産業人の育成を目指します。

【 取得できる主な検定 】
実用英語検定試験準2級 / 全商簿記実務検定1級 / 全商商業経済検定1級 / 全商英語検定2級

情報処理科

情報処理分野におけるスペシャリストを目指した人材育成を目指します。将来、ビジネスの諸活動において、アプリケーションソフト等を活用した業務の合理化を積極的に推進することができる人材の育成を目指します。

【 取得できる主な検定 】
全商情報処理検定1級 (プログラミング部門)・ (ビジネス情報部門 ) / 経済産業省ITパスポート試験

総合ビジネス科

体験活動、グループ学習を通じてコミュニケーション能力の育成及び実践力を身につけた人材育成を目指します。
ビジネスマナー、経済に関する知識・技術を習得し、さらにそれを実践する力を持った社会人の育成を目指します。

【 取得できる主な検定 】
全商簿記実務検定1級 / 全商商業経済検定2級  等

情報会計科

簿記会計科目の学習を通じて財務諸表を作成する能力、会計情報を活用する能力の育成を目指します。また、企業の社会的責任や会計に携わる者としての使命感を理解し、倫理観の育成についても力を入れています。

【 取得できる主な検定 】
全商簿記実務検定1級 / 全商情報処理検定1級(ビジネス情報部門) / 日商簿記検定2級