台風等災害の対応

< 本県西部地域または西三河南部に暴風警報が発表されている場合 >

1始業時刻2時間前までに警報が解除された場合は、平常どおり授業を行う。
2始業時刻2時間前から午前11時までに警報が解除された場合は、解除後2時間を経て授業を始める。
3午前11時以降警報が継続されている場合は、授業を行わない。

上記1、2の場合、道路の冠水、河川の増水等により登校が危険なときや、交通機関の断絶等により登校が困難なときは、登校しなくてよい。 なお、愛知県東部地域に居住する生徒は、その地域に暴風警報が発表された場合は上記1に従う。

名古屋地方気象台における予警報の地域細分において、本校は愛知県西部及び西三河南部地域に属する。
岡崎市に暴風警報が発令されていなくても、他の西三河南部地域に発令していれば上記を適用する。西三河南部地域は、岡崎市、碧南市、刈谷市、安城市、西尾市、知立市、高浜市、幸田町である。

< 生徒の登校後に暴風警報が発表された場合 >

授業を中止し、安全を確認して生徒を速やかに下校させる。ただし、通学路の通行が危険と認められるときや、通学距離等により困難と認められるときは、当該生徒の安全を校内において確保する。

< 特別警報が発令された場合 >

1登校する以前に名古屋地方気象台から特別警報が発表されている場合
(1)その日は休業とし、生徒は登校しない。
(2)翌日以降の登校等については、岡商メールまたは学校ホームページで生徒・保護者に伝える。ただし、通路の冠水・河川の増水等により登校が危険なときや交通機関の途絶等により登校が困難な場合は、登校しなくてよい。
2登校後に特別警報が発表された場合
即刻授業を中止し、学校待機、最寄りの避難場所へ避難、保護者への引き渡し等を行う。学校待機の場合、特別警報解除後でも、帰宅が安全と判断されるまでは学校待機とする。
災害時の連絡